<
>

* 横にスクロールしてタイトルを選べます (iOSでは2本指スワイプ)

第4巻
「マルチモーダルインタラクション」

メディア学大系 第4巻「マルチモーダルインタラクション」表紙

ページサンプル

目次

1章 人と人,人とコンピュータのインタラクションを介在するメディア
1.1 人間が持つマルチモーダルインタラクションメディア
1.2 言語処理のあゆみ
1.3 音声音響処理のあゆみ
1.4 身体を持った人工物のあゆみ
演習問題
2章 言語処理
2.1 文法
2.1.1 文の基本構造
2.1.2 文法の基本
2.1.3 形態素解析
2.1.4 句構造文法
2.2 形式言語
2.2.1 文脈自由文法
2.2.2 構文解析
2.3 自然言語の統計的・確率的な性質
2.3.1 単語の出現頻度
2.3.2 Nグラム統計モデル
2.3.3 確率文法
2.4 言語の理解
2.4.1 言語の意味理解
2.4.2 語が担う意味役割
2.4.3 言語解釈と言語行為
演習問題
3章 音声音響信号処理
3.1 アナログからデジタルへ
3.1.1 本章におけるきまり
3.1.2 音は波
3.1.3 音のデジタル化
3.2 時間領域と周波数領域
3.2.1 周期的波形
3.2.2 フーリエ展開
3.2.3 フーリエ展開の複素表現
3.2.4 フーリエ変換
3.2.5 FFT
3.2.6 z変換
3.3 さまざまな音信号
3.3.1 周波数変化音
3.3.2 振幅変化音
3.4 デジタルフィルタ
3.4.1 時系列信号の演算の特性
3.4.2 FIRフィルタ
3.4.3 インパルス応答
3.4.4 IIRフィルタ
3.4.5 最小位相
3.5 スペクトル分析
3.5.1 短区間の切り出し
3.5.2 振幅スペクトルとパワースペクトル
3.5.3 対数スペクトル
3.5.4 スペクトログラム
3.6 音声特有の信号処理
3.6.1 線形予測分析
3.6.2 ケプストラム
3.6.3 ケプストラムによるピッチ抽出
3.6.4 LPCケプストラム
3.6.5 変形相関関数によるピッチ抽出
3.7 音声分析と声質
3.8 音声認識と音声合成の音響処理
3.8.1 メル周波数軸
3.8.2 MFCC
3.8.3 デルタケプストラム
3.8.4 音声認識における音響処理の基本
3.8.5 類似度
3.8.6 DPマッチング
3.8.7 隠れマルコフモデル
演習問題
4章 マルチモーダル情報付きデータベースの作成法
4.1 マルチモーダル情報とは
4.2 実験室データとフィールドデータをめぐる諸相
4.3 非言語情報付きデータの作成法
4.3.1 3人自由会話
4.3.2 合意形成型多人数会話
4.3.3 日常活動データ
4.3.4 世代間協働インタラクションデータ
4.4 言語・非言語行動のアノテーション
4.4.1 言語行動のアノテーション
4.4.2 非言語行動のアノテーション
4.5 言語・非言語情報のデータベース化
4.5.1 アノテーション単位ごとのテーブル
4.5.2 アノテーション単位間の関連性を記したテーブル
演習問題
5章 マルチモーダルインタラクション分析
5.1 話者交替にかかわる話し手と聞き手たちの視線の向き
5.1.1 方法
5.1.2 分析1:一般的傾向
5.1.3 分析2:変則事例の分析
5.1.4 議論
5.2 人?人インタラクションと人?CG エージェントインタラクションの行為交替規則
5.2.1 人と人工物の社会的インタラクションにかかわる先行研究
5.2.2 人間どうしの社会的インタラクションにかかわる先行研究
5.2.3 対話資料
5.2.4 非言語行動のラベリング
5.2.5 分析:人?人,人?エージェントの対話の基礎的特徴
5.2.6 人対人の対話における行為の配置規則の定式化
5.2.7 人対エージェントの対話において行為の配置規則は守られるか
5.2.8 まとめ
演習問題
引用・参考文献
演習問題解答
索引

デジタル素材集 & 関連資料

ダウンロードにはID/PWが必要となりますので、
コロナ社の下記メールアドレスまでご連絡ください。

henshu-3[at]coronasha.co.jp

( [at] は @ に変更してご送信ください )

Page top