<
>

* 横にスクロールしてタイトルを選べます (iOSでは2本指スワイプ)

「メディア学体系」刊行に寄せて

ラテン語の“メディア(中間・仲立)”という言葉は, 16世紀後期の社会で使われ始め, 20世紀前期には人間のコミュニケーションを助ける新聞・雑誌・ラジオ・テレビが代表する“マスメディア”を意味するようになった。また, 20世紀後期の情報通信技術の著しい発展によってメディアは社会変革の原動力に不可欠な存在までに押し上げられた。著明なメディア論者マーシャル・マクルーハンは彼の著書『メディア論-人間の拡張の諸相(栗原・河本訳, みすず書房, 1987年)』のなかで, “メディアは人間の外部環境のすべてで, 人間拡張の技術であり, われわれのすみからすみまで変えてしまう。人類の歴史はメディアの交替の歴史ともいえ, メディアの作用に関する知識なしには, 社会と文化の変動を理解することはできない”と示唆している。

このように未来社会におけるメディアの発展とその重要な役割は多くの学者が指摘するところであるが, 大学教育の対象としての「メディア学」の体系化は進んでいない。東京工科大学は理工系の大学であるが, その特色を活かしてメディア学の一端を学部レベルで教育・研究する学部を創設することを検討し, 1999年4月世に先駆けて「メディア学部」を開設した。ここでいう, メディアとは「人間の意思や感情の創出・表現・認識・知覚・理解・記憶・伝達・利用といった人間の知的コミュニケーションの基本的な機能を支援し, 助長する媒体あるいは手段」と広義に捉えている。このような多様かつ進化する高度な学術対象を取扱うためには, 従来の個別学問だけで対応することは困難で, 諸学問横断的なアプローチが必須と考え, 学部内に専門的な科目群(コア)を設けた。その一つ目はメディアの高度な機能と未来のメディアを開拓するための工学的な領域「メディア技術コア」, 二つ目は意思・感情の豊かな表現力と秘められた発想力の発掘を目指す芸術学的な領域「メディア表現コア」, 三つ目は新しい社会メディアシステムの開発ならびに健全で快適な社会の創造に寄与する人文社会学的な領域「メディア環境コア」である。「文・理・芸」融合のメディア学部は創立から13年の間, メディア学の体系化に試行錯誤の連続であったが, その経験を通して, メディア学は21世紀の学術・産業・社会・生活のあらゆる面に計り知れない大きなインパクトを与え, 学問分野でも重要な位置を占めることを知った。また, メディアに関する学術的な基礎を確立する見通しもつき, 歴年の願いであった「メディア学大系」教科書シリーズを刊行することになった。この「メディア学大系」教科書シリーズは, 特にメディア技術・メディア芸術・メディア環境に興味をもつ学生には基礎的な教科書になり, メディアエキスパートを志す諸氏には本格的なメディア学への橋渡しの役割を果たすと確信している。この教科書シリーズを通して「メディア学」という新しい学問の台頭を感じとっていただければ幸いである。

東京工科大学
メディア学部初代学部長
前学長
相磯秀夫
Page top